海外からきた害獣【チョウセンイタチを撃退する方法】

代表的な被害

動物

イタチが人間の住宅に侵入した場合は、様々な被害が出ます。ここでは実際にどのような被害があるのかを紹介します。小さな穴から住宅に侵入したイタチは、天井裏や屋根裏を住処にすることがほとんどです。夜行性のために、太陽の光を遮って雨や風を凌ぐための空間として天井裏や屋根裏が最適なのです。そのため、人間が眠りにつく真夜中に、天井から物音が聞こえる場合はイタチに浸入されているかもしれないので、撃退を行なっている業者に連絡して現状調査をしてもらいましょう。

もし、イタチが侵入していた場合、考えられる被害は騒音です。夜行性のため、真夜中に食料を求めて活発に動き回ります。そのため、天井からドタバタと音がするので寝ることができなくなる可能性があります。イタチを撃退しないと、騒音がうるさくて睡眠障害になるかもしれません。

さらに天井裏や屋根裏を住処にしている場合は、糞や尿で悪臭が漂ってきます。自分の縄張りを主張するために、天井裏や屋根裏の至るところにマーキングをします。一定の場所に排泄する習慣がないので、広範囲に糞や尿をします。さらに強烈な悪臭が立ち込めた住宅になるでしょう。糞や尿による感染症や食中毒の被害も多く報告されているため、撃退を行なっている業者に綺麗に処理してもらいましょう。綺麗に処理が出来ていない場合は、イタチは臭いを嗅ぎつけて再び侵入する可能性もあります。しっかりと撃退するためには、天井裏や屋根裏の糞や尿を処理するだけでなく、殺菌・消毒まで行なう必要があります。