海外からきた害獣【チョウセンイタチを撃退する方法】

海外からきた害獣

鼬

イタチは現在沖縄県を除く日本全国に生息しています。とても繁殖力が強くて、どんな環境でも適応することができるでしょう。外見は茶色の毛で全身を覆われています。胴長短足で尻尾がとても長いことが特徴です。見た目は非常に可愛らしい姿をしていますが、食料を求めて人間の住宅に侵入して悪さをすることがあります。住宅に侵入したイタチを捕まえようとしても、人間が素手で捕まえるのは困難です。動きがとても素早くて、高い場所でも簡単に登ることができるからです。鋭い爪を持っているために、木登りをすることが得意なので、住宅の屋根にも登れます。人間の手が届かない場所にあっという間に逃げてしまいます。そして、屋根裏や天井裏を住処にして、糞や尿を撒き散らしたり、食料品や生ごみを食べ漁ったりすることもあります。雑食でネズミやニワトリ、さらには昆虫などを餌にしています。農作物も食べると報告もあるので、人間の生活スペースは食料で溢れている状態です。そのため、人間の住宅に侵入するイタチが急増しているので、最近は撃退する業者が活躍しています。

このように人間の住宅に侵入して悪さをするのは、チョウセンイタチという外来種です。日本にはニホンイタチとチョウセンイタチという2種類が生息しています。前者は昔から日本に生息していますが、後者はネズミ駆除や毛皮用に海外から日本に持ち込まれました。その後、逃亡したチョウセンイタチが日本全国に生息範囲を拡大して、人間の住宅に侵入するようになっています。そのため、撃退する業者ではチョウセンイタチの駆除をしています。

侵入経路を塞ぐ

住宅

人間の住宅に侵入したイタチは撃退しないといけません。劣化した屋根や外壁の小さな穴から住宅に侵入することができるために、侵入経路を特定して完全に塞ぐことが重要です。さらに糞や尿を綺麗に処理しましょう。

もっと知ろう

代表的な被害

動物

イタチによる被害は日本全国に拡大しています。人間の住宅に侵入した際の具体的な被害について紹介します。被害状況を把握して、撃退するための予防策や対策を行なう必要があります。万が一侵入された場合は専門の業者に依頼しましょう。

もっと知ろう

許可申請が必要

作業員

日本全国にイタチの被害が拡大しているために、撃退を行なっている業者は多く存在しています。しかし、捕獲するためには、許可申請が必要になるために、ホームページで許可申請を持っている業者か確認しましょう。

もっと知ろう